心の病気は心療内科で治療する|投薬だけに頼らない

医師

心と体の異常を感じたら

膝を抱える男性

気持ちが落ち込んで、体もだるいなどという精神的、身体的な辛い症状があるのでしたら、一度心療内科を受診してみてはいかがでしょうか。病院選びは、インターネットで自分が住んでいる近くの心療内科を探してみるとよいでしょう。

Read More

内面にも関与

病院

全てをさらけ出す

病院の中でも、精神科や心療内科は心理的な症状に対応していますが、精神科の場合には精神分裂病や重症の精神障害に強みを持ち、身体疾患に対しては心療内科を受診することが選択のポイントです。治療を受ける場合にも、心と体の両面からアプローチする医療を提案するため、完治するには個人差がつきものです。数日で緩和できる場合もあれば、数年間も症状に悩まされる場合もあり、重要なのは良い医師とのめぐり会いです。精神面での症状に理解があり、検査データだけに頼らずに患者の性格や行動、心理などを詳しく問診してくれることは、初めて受診する際にチェックしておきたいポイントになります。心療内科などは新しい医学領域でもあり、力量のある医師は少数です。ある程度の治療を続けても緩和する兆しがない時にはセカンドオピニオンをとることも必要です。精神科や心療内科では、病気の背景を知るために立ち入ったことも聞くケースは多く、医師を信頼して全てをさらけ出せる信頼感が得られるか否かもポイントの1つになります。プライバシーに踏み込むため、抵抗を覚えたりすることも多く、受診する患者数は伸び悩んでおり、命に関わるリスクが高まっているのも実情として挙げられています。患者にとってもさらけ出すことにはメリットがあり、自分の問題点に気付くことができます。初対面でプライバシーに触れることは少なく、2度、3度と通うようになり、信頼関係ができた頃合いで立ち入った話を展開してくれる医師選びも必要です。

心も治療する科目

心と体の両面から人間全体を診てくれるのが精神科や心療内科ですが、一般的に体のどこかが悪いと思い、内科などの病院へ足を運びがちです。例えば、頭痛や下痢などがある時には内科を受診し、ふらつきやめまいのある人は耳鼻咽喉科、腰痛や肩こりのある人は整形外科などの病院へ行くのが一般化しています。これらの診療科は医療機器で身体を検査し、異常所見や病変が見つからなければ未病の診断を行い、総合的な治療が受けられないケースも実情として挙げられています。病院では、その診療科に限定した対症治療が行われるので、同一の病気なのに頭痛とめまいの両方がある人の場合、神経内科と耳鼻科の両方で病名がつけられ、両方に通うことになります。こうした内容は機器検査中心での医療であるのが最大の特徴で、診断と治療がちぐはぐになり、完治するまでに時間を要することも難点の1つです。心療内科は、いまだに抵抗感を持つ人が多いのも特徴の1つですが、機器による身体検査も行ってくれますし、心と体の両面から幅広いスタンスでカウンセリングを行ってくれます。例えば、胃の具合が悪くて診察を受ける場合には胃の検査が行われ、潰瘍などが見つければ時間をかけてカウンセリングを行い、その発症のメカニズムを探ってくれます。薬で症状を取り除くと同時に休息やリラクゼーションなど、心理的要因が隠れているために投薬だけに頼らない治療に力を入れている特徴があります。

精神面や身体に関与

診察室

心療内科では主に心身症を診療する科目で、精神的ストレスが密接に関与している身体疾患に強みを持っています。逆に、うつ病などの神経症などの精神障害に強いのが精神科ですが、身体疾患が強く現れる軽症のうつ病なども心療内科では診療してくれるため、病院の選択や受診のしやすさも魅力です。

Read More

心の病が気になった場合

手

心の病気になって心療内科に行く場合、真面目に患者と向き合う医師を選ぶことを推奨します。また病院内の清掃が行き届いている病院は、安心して治療を受けられるというメリットがあります。さらに病院の情報雑誌は、良い心療内科を選ぶ際のヒントになります。

Read More

合うところを見つけよう

下を向くウーマン

精神的な面で苦痛に感じている人は、精神科や心療内科を受診してみるといいかもしれません。様々な症状が出ていれば、病院でしっかりと検査してもらえます。その結果次第では、別の科を受診するように勧められることもあります。

Read More