心の病気は心療内科で治療する|投薬だけに頼らない

ドクター

精神面や身体に関与

診察室

対応できる医療科目

心の症状を診断するのは精神科ですが、その心の病気がきっかけとなり、体に様々な症状が現れる場合には心療内科を受診するのが適切です。しかしながら、精神科・心療内科を分け隔てるケースは少なく、例えば、自律神経失調症による頭痛やめまいなどは心療内科が診察を行いますが、精神科においても心を治療することで体に現れる頭痛やめまいを緩和させる治療にも手を広げています。治療に関しても長期間に渡ることが多く、経済的な負担も実情としてかかってきます。もちろん、一般病院同様に保険が適用されることも知っておきたい情報の1つです。薬物療法や心理療法、理学療法など、医師が必要と認めている療法の全てが適用範囲なので、経済的にも負担が軽減される利点があります。また、心と体の診断には細心の注意が必要ですが、症状が改善されずに不満や不安感から病院を転々とするドクターショッピングを繰り返す問題も指摘されています。心療内科であっても、医師によって診断もまちまちで、治療法も色々あり、信頼関係を保つためのセカンドオピニオンも視野に入れたい内容です。ですが、体に様々な症状が現れる場合、関連性のないような臓器に影響を及ぼしている場合もあります。症状が複数である場合には一般内科でも対応してくれる利点があり、まずは近くの信頼できる病院を受診するのがポイントです。総合病院であれば専門科とも連携しているため、症状に適した診療科も案内してくれますし、どんな病気であっても、早期発見・早期治療が重要で、一通りの一般検査を受けた後に精神科・心療内科を受診することで早い完治へと繋げられます。

薬に頼らない治療

精神科・心療内科では、心と体に現れる症状に対して治療を行ってくれますが、ストレス社会として問題視される神経の機能異常に強みを持ち、様々な治療法が展開されています。特に心理的なものが原因である場合には、一般内科などの病院では自覚症状の他、ストレスの度合いなどを診断しますが、心療内科では心理テストを実施しており、1人1人で異なるパーソナリティーを理解して治療を行う特徴が挙げられています。性格特性やストレス傾向、不安傾向などの分析がポイントとなりますが、心理テストを行うことによって自分自身でも気付かなかった性格、ストレスに対する受け止め方などを客観的に把握できる点で支持されています。現在、性格特性を知るための参考に、サイト上でも心理テストは紹介されていますが、安易な判断に繋がりやすく、専門医の診断が重視されています。心療内科では診断後に治療計画が立てられますが、一般病院では薬物療法が中心となりますが精神面からの治療では薬物に頼らずに心理療法が中心です。例えば、歪んだ考え方を修正する認知行動療法をはじめ、リラクゼーション法の1つでもある自律訓練法などが評価されています。心療内科では、家庭でも実践できる療法を提案しているのも人気を高めている理由の1つで、自律訓練法には種類がありますが、全身の緊張をほぐす標準公式が広く活用されています。誰でも安心して習得することができる利点があり、専門医の指導で正しい訓練法をマスターすることができ、心身ともに健康な状態を取り戻せることから人気を集めています。